トップページ

    このサイトではセレナの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「セレナの買取相場を検索して高額で買取をしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    日産のセレナを高価買取してもらうために大切なことは「いくつかの車買取専門店に査定をお願いする」ことです。1つの買取業者のみとか近隣の日産ディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、セレナ(SERENA)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社にセレナの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、地方対応で利用料は無料です。

    「セレナの買取相場がいくらなのか調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にセレナの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、セレナを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    セレナの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時にセレナの概算相場が分かるので、「数年落ちのセレナの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったセレナでも高価買取が可能になります。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取店にあなたのセレナを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのセレナを査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したセレナをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    日産・セレナの査定依頼だけでも楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    数年落ちのセレナを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がセレナの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、万が一隠して買取査定に持って行っても一瞬で分かってしまうものです。

    事故や故障での損傷が軽く、適切な修復がされているようならば一般的な修理車に含めて考えない場合もありますから、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、取り敢えず査定するのではなくて、直ぐに売りたいという気持ちを強くアピールすることです。

    ちょっと気になるから査定だけしてもらうけどきっと売却は後回しになりそうな人よりも、話が決まれば直ぐに売却可能ですという相手の方が営業マンにとっても有り難いことでしょう。

    直ぐに売りたい意志のある相手と分かれば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に見積もった金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにボディや内装の状態などは異なりますから、個々の細かい事情を考慮した査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    訪問査定が済むと、どの業者も「今、契約を」と言うものです。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱いトークが始まるのですが、乗せられないように気をつけてください。

    ディーラー下取りでなく中古車業者に売却する際は、複数業者に査定させることが良い査定額を引き出すコツなのです。

    まずはなるべく多くの業者に査定額を出してもらうことが肝心で、各社の金額を見比べた上で取引の交渉に臨むのは当然のことなのです。

    一般的に年度末で決算でもある3月や真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は自動車の販売は好調です。

    どこの販売店でもそうですが、できるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定はどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    車を査定する際には車の所有者が必ずそこにいる必要があるなどといった規定は聞いたことがありませんが、本人不在で起こりうるトラブルを防止すべく、できるだけ査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。

    たちの悪い業者だと、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で買取値を安く下げようとした例もあります。

    自動車を手放す手続きをする際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、自分で手続きに行っても良いと思います。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    自動車を売るときにはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて車を購入する際にも必要になってくるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。