トップページ

    このサイトではセレナの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「セレナの買取相場を検索して高額で買取をしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    日産のセレナを高価買取してもらうために大切なことは「いくつかの車買取専門店に査定をお願いする」ことです。1つの買取業者のみとか近隣の日産ディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、セレナ(SERENA)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社にセレナの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、地方対応で利用料は無料です。

    「セレナの買取相場がいくらなのか調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にセレナの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、セレナを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    セレナの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時にセレナの概算相場が分かるので、「数年落ちのセレナの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったセレナでも高価買取が可能になります。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取店にあなたのセレナを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのセレナを査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したセレナをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    日産・セレナの査定依頼だけでも楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    数年落ちのセレナを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がセレナの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    新たに転居したり結婚したことで住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定額が高めに出る傾向があります。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは人によって好みが分かれてしまうので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより上下しますので、その流行のタイミングによっては一定のカラーにプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう要因には幾つかあるのですが、最も大きな査定低下の要因は、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    車によっては査定金額が0円まで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法はカーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで相互に競争するように仕向け、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、一社のみの独占ですので安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    隠蔽行為は業者を騙すのと同じことで、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、価格がつかないこともあります。

    しかしまったく売却不能ということではないので安心してください。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使えるパーツ単位で計算してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    車売却の時だけでなくて、印鑑証明書は自動車購入の際にも入り用になってきますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、契約手続きの際にスムーズに事が運ぶでしょう。

    中古車買取店に車を売るためにウェブ上の見積りサイトで査定依頼を出すと、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

    そこまで対処している暇がないという人は、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    すべての中古車屋がそうだというわけではありませんが、勤務中でも夜でも一切考えずに連絡を繰り返してくることもあるようです。

    連絡先をメールにしておくと、いつ連絡があろうと気を使わなくて良いのです。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。