トップページ

    このサイトではセレナの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「セレナの買取相場を検索して高額で買取をしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    日産のセレナを高価買取してもらうために大切なことは「いくつかの車買取専門店に査定をお願いする」ことです。1つの買取業者のみとか近隣の日産ディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、セレナ(SERENA)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社にセレナの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、地方対応で利用料は無料です。

    「セレナの買取相場がいくらなのか調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にセレナの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、セレナを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    セレナの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時にセレナの概算相場が分かるので、「数年落ちのセレナの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったセレナでも高価買取が可能になります。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取店にあなたのセレナを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのセレナを査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したセレナをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    日産・セレナの査定依頼だけでも楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    数年落ちのセレナを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がセレナの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    普通は、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会、通称JAAIに査定を依頼する必要が生じます。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、有料での査定になっています。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    見積もりの金額を教えて貰うために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、大手の業者と中小の業者では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、積極的に買取を行っていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、洗車済みであろうと見積額がプラスになることはありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、担当者は良い印象を持ちますし、それだけ礼儀正しく丁寧な相手には悪い取引はできません。

    チェック項目に沿った査定とはいえ評価を入力するのは人ですし、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    しかしまったく売却不能という意味ではありませんから大丈夫です。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、部分ごとに細かく査定してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のためにけして疎かにしてはいけない点があります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言はよく読んで理解しておく必要があります。

    細かいところまで読んでから契約するのが本来あるべき姿なのです。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    目立つ傷や凹みがあったとしても、素人が自己判断で勝手に直すことは止めた方が良いでしょう。

    自動車修理の技術が優れていなければ、一見するとキレイになっていてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いという事ではないのであらかじめ知っておくと良いでしょう。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入しても費用ほどには査定アップしませんから、行う必要性は全くないでしょう。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、買取査定に出す前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、見積額が低下する要因になってしまうからです。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売却サイドから考えても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    車の需要が高ければその分供給が必要になるのは必須ですから、買取価格は自然と上がります。

    9月と3月は会社の決算月なので中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。