トップページ

    このサイトではセレナの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「セレナの買取相場を検索して高額で買取をしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    日産のセレナを高価買取してもらうために大切なことは「いくつかの車買取専門店に査定をお願いする」ことです。1つの買取業者のみとか近隣の日産ディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。何社かの車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、セレナ(SERENA)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社にセレナの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、地方対応で利用料は無料です。

    「セレナの買取相場がいくらなのか調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にセレナの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、セレナを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    セレナの買取査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時にセレナの概算相場が分かるので、「数年落ちのセレナの買取相場ってどれくらい?」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったセレナでも高価買取が可能になります。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取店にあなたのセレナを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたのセレナを査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したセレナをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    日産・セレナの査定依頼だけでも楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    数年落ちのセレナを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がセレナの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、査定額が付かないと言われることがあります。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、廃車を専門とする買取業者に買取をお願いする事ができますので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごく一部に見られることですが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    所定の契約手続きをしないでせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    一般的に、中古車買取店の大手チェーンなどでは、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することで受けることが出来るのが普通ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施すると幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、査定だけでプレゼントが貰える場合があれば実際にやってみると大変お得でしょう。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、業者の無料査定を経験した人ほどしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをいま一度はっきりさせておきましょう。

    無償ではないことがわかれば、事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    車の現物を見て査定してもらう時は、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、自宅まで来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    ほとんどの買取業者は無料の訪問査定サービスを提供しています。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は基本的には2つしかありません。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、足(車)がなくて不自由することはありませんが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると引取り額が低くなるのは避けられません。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、個人間の取り引きの方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして二回目以降は支払いが滞ることがないように、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と個人で修理に出したときのお金では、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    修理の腕前が一定以上でなければ、一見するとキレイになっていてもプロの査定士が判断すれば綺麗に修繕されていない可能性も高いからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いという事ではないのであらかじめ知っておくと良いでしょう。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。